2008年06月15日

滋賀ドライブ(1)瀧樹神社・矢川神社

2008.06.07

今年度に入って初めての長距離(でもないけど)ドライブです。
仕事が異動になったこともありストレスがたまっていますので,
その解消も兼ねています。
梅雨の中休みでそれなりにいい天気だったのも嬉しい。

例の如く,行先は出発の時点では定めていません。
ただ,国道1号線北上は昨年11月に行っているので,
今回はその逆方面に向かってみることにしました。

出発は朝7時。
割合に早い時間だったこともあって,道は空いていました。
順調に天后ちゃんを走らせていると途中に坂上田村麻呂を祀った田村神社を発見。
ただし道の反対側だったので,とりあえず帰りに寄ることに決めます。

田村神社から暫く行くと今度は瀧樹神社なる標識を発見。
まずはこちらに寄ってみることにします。
お茶畑の真ん中から広がる参道が印象的な神社でした。
瀧樹神社.jpg
社殿は再建したばかりのようで真新しかったのが残念。
個人的には古い造りの神社に魅力を感じるのですよね。
祭神は速秋津比古命など六柱の神々。
室町時代から伝わる厄除けのケンケト踊りが有名なのだとか。
倭姫命御禊所.jpg
暗くて見えづらいのですが,近くには倭姫命が禊をしたという場所もありました。
野洲川.jpg
神社の裏手は野洲川が流れています。
美しい清流が非常に心地よく涼やかな空間でした。
野鳥の声も堪能出来て満足です。

再び国道1号線を西へ向かいます。
この時点で一応の目的地を信楽に定めました。
水口あたりから国道307号線を走っていたのですが,
どうも曲がる場所を間違えたのか道に迷ってしまいました。
とりあえず自分の居場所を確認したところ近所に矢川神社なる神社を発見。
物はついでと寄ることにしました。
矢川神社.jpg
こちらは奈良天平時代に創建の古社です。
祭神は大己貴命と矢川枝姫命の二柱。
橘敏保朝臣による大蛇退治の伝説が残る神社でもあります。
矢川神社楼門.jpg
それほど大きい神社ではありませんが雰囲気は好み。
たまには道に迷うのもいいものです。

というわけで再び国道307号線に戻って信楽を目指します。


〈続きます〉
posted by 森山 樹 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ドライブ

2008年03月07日

秋吉台

2008/02/11

ぼんやりしている間に一カ月近く前の出来事になってしまいましたが秋吉台に行ってきました。
これも実家から足を延ばしてのドライブです。

秋吉台.jpg
秋吉台を訪れるのは久しぶり。
大学生のころに友人たちとドライブしたのが最後かな。
昔はよく家族でドライブしたものです。
今回は行いませんでしたが,カルスト地形を延々と歩くのは大好き。
どこか日本離れした光景に思えてしまいます。
長者が森.jpg
そんなカルスト台地の中で異彩を放っているのが長者が森という小さな森です。
ここは一夜にして長者の屋敷が森になってしまったという伝説が残っています。
小学生の頃の遠足ではここでお弁当を食べたんですよね。
薄暗さが不気味で,でも何故か心惹かれる空間です。
景清洞.jpg
秋吉台には大きな鍾乳洞が三つあります。
これはそのうちのひとつの景清洞。
その昔,平景清が潜んでいたと伝えられています。
平景清と言えば源平討魔伝ですね。
大好きだったんだよな,あのゲーム。

1歳6か月の甥っ子を遊ばせるために秋吉台サファリパークに立ち寄りました。
ここのふれあい動物園が甥っ子のお気に入りなんだそうです。
レッサーパンダ.jpg
ここにいたレッサーパンダが超ラブリイ。
本当に動くぬいぐるみそのままでした。
さすがにこの子とは触れ合うことができません。
仔ヤギ.jpg
代わりに子山羊たちと遊んできました。
どうしてもユキちゃんと読んでしまうのは,
幼いころ大好きだった『ハイジ』の影響でしょう。
甥っ子は子山羊に囲まれてパニックを起こしていましたけれど。
他にもワラビーやモルモット,リスザルなどと遊ぶこともできます。
動物園はやっぱり好きですね。
大好きなホワイトタイガーも見ることができて大満足。
謎の地底探検.jpg
園内の施設は老朽化が進んでいるのが寂しくもあり懐かしくもあり。
この謎の地底体験なんて20年くらい前から変わっていないんじゃないかしら。
流石にこれに乗ってみたりはしませんでしたが。

いささか追憶を辿ることになったドライブでしたが,
やはり懐かしさと安堵感を覚えました。
小さい頃の想い出ってずっと残っていくのだなと思った次第。
甥っ子にもいい想い出になってくれればいいのだけれど。

また,いつか行こうと思います。
posted by 森山 樹 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ドライブ

2008年02月18日

太宰府行

2008/02/10

太宰府天満宮に行ってきました。
今回は実家から足を延ばしたので,2時間程度のドライブです。
高速道路はやっぱり便利ですね。
自分の自動車ではあんまり走る気にはなりませんが。

自宅を出て最初の休憩地は壇ノ浦。

関門大橋.jpg
有名な源平合戦の古戦場です。
出発した時点では天候に恵まれていません。
山中を走っているときには雨も降っていました。
鉛色の空が少し残念です。

太宰府天満宮に着いたのは10時過ぎ。
ちょうど受験シーズンの最中ということもあって人が溢れていました。太宰府天満宮参道.jpg
参道の両脇には名物の梅が枝餅のお店がずらりと並んでいます。
焼き立てを食べましたが,美味しかったです。
お店によってやっぱり味の違いがあるのかなと思ったり。
食べ比べてみれば良かったかな。

太宰府天満宮.jpg
太宰府天満宮の境内は参道以上に人の波。
お払いや合格祈願を受けている人もたくさんいました。
個人的には神頼みは好きじゃありません。
受験生の時は結局お参りしなかったな。
見事に浪人しましたけれど。

麒麟と鷽.jpg
境内に飾られていた麒麟と鷽の像。
特に鷽の惚けた顔が可愛いです。
ちなみに鷽は天満宮の守り神だそうです。
飛梅.jpg
「東風吹かば」の和歌で有名な飛梅です。
ちょうど折よく満開でした。
野見宿禰公碑.jpg
これは相撲の祖神である野見宿祢の碑。
何故ここにあるのかというと,菅原道真の先祖に当たるからです。
ちなみに横には筆塚があります。
文武両道な感じがして非常に面白いです。
菅原道真と言えば学問の神という側面だけが強調されがちですからね。

太宰府天満宮を満喫した後は隣接する九州国立博物館へ。
こちらも非常に人出が多く,ゆっくり鑑賞できなかったのが残念。
やっぱりこういうところは平日に来たいものです。
それでも和漢三才図会などが見られたりして満足。
こちらの感想は後日にディレッタントの憂鬱に掲載する予定です。

関門トンネルを通って帰路へ。
関門トンネル.jpg
これは九州側の入り口ですが,フグがラブリイです。
本当は門司港レトロにも立ち寄りたかったのですが,
こちらも人出が多かったので断念。
三連休の中日というのが堪えました。

久しぶりに九州を訪れました。
まだまだ宗像大社や宇佐神宮など行きたい場所はたくさんあります。
水族館好きとしては海の中道にも行きたいところ。
実家からは割合手軽に行ける場所にあるので,
帰省した折にはいろいろと訪ね歩きたいと思います。
問題はなかなか帰省できないってことなんですけどね。
posted by 森山 樹 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ドライブ

2007年11月06日

南濃ドライブ(2)養老の滝

200/11/03

多度大社を後にして,次は養老の滝へ向かいます。
引き続き自動車も少なく快走できます。
途中の道の駅で一休みしてソフトクリーム食べたけど,
そろそろこういう時期でもなくなってきましたね。

養老公園の駐車場に天后ちゃんを停めて歩いて滝に向かいます。
看板によると滝まで1km徒歩15分とのこと。
これなら楽勝だなと思ったのですが,
いくら舗装されているとはいえ急勾配の坂道に苦戦します。
結局,滝までたどり着くのに30分を要しました。
汗だくで息切れをする有様。
体力の衰えを感じます。

養老神社.jpg
滝までの道すがらには養老神社がありました。
祭神は菊理媛神らしいのだけど来歴は不明。
何か謂れがあるのかしら。
もちろん養老孝子伝説の主人公・源丞内も祀られているようです。
菊水霊泉.jpg
神社の境内には名水百選のひとつ菊水霊泉があります。
この水が酒になったということみたいですね。
さすがに飲みはしませんでしたが,透明で涼しげな湧水でした。

苦労して辿り着いた滝は壮観のひとこと。
養老の滝その1.jpg
落差は32mもあるようです。
養老の滝その2.jpg
別角度からもう一枚。
人間の姿と比較するとその大きさがよく分ります。

ちなみにやたらと「マイナスイオン」を口にする人が多かったのが印象的。
あんな疑似科学が人口に膾炙しているんですね。

眼下の風景.jpg
眼下に広がるのんびりした田園風景。

天気に恵まれていい運動になりました。
山登りにも興味があるんですが,今の体力ではとても無理無理。
もう少し鍛えないといけません。

お土産物屋で売っていた養老サイダーは美味しかったですよ。
是非ご賞味あれ。
posted by 森山 樹 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ドライブ

2007年11月05日

南濃ドライブ(1)多度大社

2007.11.03

朝起きたら抜けるような青空でした。
部屋に引きこもるのも勿体ないと行く先も考えずにドライブへ。
国道1号線に合流したところで岐阜方面に向かうことに決めました。

まずは国道1号線を北上して多度大社に向かうことに。
割合に朝早く出発したこともあって快走することができます。
窓から入ってくるひんやりとした秋の空気が素敵。
国道1号線から国道258号線に入って暫くすると大きな鳥居が見えてきます。
その下をくぐれば多度大社まであと僅か。

多度大社の前の駐車場に天后ちゃんを停めて神社を散策します。
神事の坂.jpg
これは上げ馬神事で使用される坂。
写真では分かりづらいですが非常に急な坂になっています。
この神事は毎年5月に行われるので見に行くのもいいかもしれません。
神の馬.jpg
神社の参道前には綺麗な葦毛のお馬さんがいました。
人参をあげるとむさぼり食べてくれました。
多度大社は白馬伝説が有名なので,それに由来する馬ですね。

多度大社参道.jpg
参道はきちんと整備されています。
もう少し規模が大きいかなとも思ったのですが,案外小さく感じました。
「お伊勢参らばお多度もかけよ,お多度かけねば片参り」と詠われる程,
伊勢神宮との関係も深い神社ですが参拝は今回が初めて。
以前から念願だったので満足です。
ちなみに祭神は天津彦根命。
天照大神の第三子にあたる神格です。
福龍茶釜.jpg
参拝者休憩所に飾ってあった茶釜がラブリーでした。

少し周囲を散策すると空に飛行船が浮かんでいました。
飛行船.jpg
最近は地面を這いずり回る旅ばかりですが,空の旅もしたいですね。
特に飛行船は乗ったことがないので憧れの乗り物。
気持ち良さそうに浮かんでいて羨ましいです。

今回は行きませんでしたが近くに多度峡という渓谷があるようです。
紅葉の季節が美しいとのことなので,また訪れたいものです。
posted by 森山 樹 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ドライブ