2013年10月18日

山口県ドライブ2013後篇

2013.09.13(Fri)

051.JPG
お昼は道の駅ほうほくのレストランで。
ゆるキャラのほっくんがお出迎えしてくれます。

052.JPG
特牛名物のイカを使ったイカコロッケ定食。
イカコロッケは初めて食べましたが意外に美味しかったです。
因みに特牛は「とっこい」と読みます。
難読地名のひとつですね。

095.JPG
ドライブの最後は角島大橋を渡って角島へ。
何年か前にも訪れていますが,やはり海上に架かる橋は美しいです。
この日は海も穏やかで非常に綺麗でしたね。

081.JPG
角島灯台。
前回は強風の為,灯台には入れませんでした。
念願かなって今回は漸く登ることが出来たのが嬉しい。

074.JPG
角島灯台から見下ろす日本海。
贔屓目かもしれませんが,やはり美しい海だなあと思います。
空と海の青の対比がたまらなく素敵。

091.JPG
再び角島大橋を渡って帰路につきました。

山口県の日本海側は何度も行っていますが飽きませんね。
これからも実家に帰省する折に触れて訪れるのでしょう。
山陰はやはり自分の故郷なのだなあと実感いたします。
何と言っても,魚が美味しいのが素晴らしいよね。
posted by 森山 樹 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ドライブ

2013年10月17日

山口県ドライブ2013前篇

2013.09.13(Fri)

9月に帰省した際に山口県の日本海側をドライブしてきました。
今回は割と慌ただしい日程だったので遠出が出来なかったのですよね。
もうちょっと余裕があれば九州方面に足を延ばしたかったところです。

026.JPG
最初に訪れたのは下関市豊浦町の川棚クスの森。
一本の樹にも関わらず森に見える雄大さがその由来だそうです。
樹高は約25m。樹齢は約1000年。
大内義隆の愛馬であった雲雀毛が埋葬されているという伝承があります。

031.JPG
遠くの方には風車が見えました。
山口県の日本海側では結構風車の姿を見るような気がします。

034.JPG
続いては日本海に面した高台にある福徳稲荷へ。
古歌にも歌われる由緒正しいお稲荷さんとのこと。
自分は側を通るまで全く知りませんでした。
まだまだ知らない神社が多いですねえ。

036.JPG
朱に映える本殿が美しい。
夕陽の名所なのだそうです。
此処から眺める響灘に沈む夕陽はさぞ美しいことでありましょう。

043.JPG
本殿側から眺める大鳥居と響灘。
贔屓目かもしれませぬが日本海の美しさは格別であります。
posted by 森山 樹 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ドライブ

2011年10月29日

関門ドライブ

2011.09.25(Sun)

前回に引き続き実家帰省中のお出かけ記録です。
日本海側へ行った翌日は下関から門司方面へ。
こちらは割とよく機会のある場所です。

関門大橋.JPG
というわけで関門大橋。
普段は自動車でこの橋を渡るのですが,今回は関門トンネルへ。

県境.JPG
海底に山口県と福岡県との県境があります。
そこそこ歩くだけの距離はあります。
ちなみに徒歩で渡る分には無料です。

トロッコ.JPG
北九州市側からはトロッコにのって門司港レトロ地区へ。
何年か前にも行った場所ですね。
三連休ということで結構な人出でした。
コスプレ大会も開かれていたようですが,
殆ど分からなかったのは残念かなあ。

トンネルの中.JPG
トロッコはトンネルの中では天井がライトアップされます。
関門海峡に生息する魚たちの姿が照らし出されます。
これが結構綺麗なのよ。

門司港レトロ.JPG
門司港レトロはしばし散策した程度。
昼食に焼きカレーを頂きました。

大砲.JPG
再び下関側まで戻ってきて,ここは壇ノ浦。
馬関戦争時に長州軍が使った大砲が置かれています。
このあたりは男の子回路がいたく刺激されますねえ。
ちなみに紙芝居屋さんが耳なし芳一のお話を演じておりました。

火の山.JPG
最後に火の山の展望台から関門海峡を見降ろしてドライブは終わり。
少し曇っていましたが,やはり眺めは素晴らしいです。

門司港はともかく火の山は久しぶりでしたねえ。
設備も多少は綺麗になっていたのかなあ。
地元に帰って来た時にちょっとドライブする分にはいい場所です。
連休中じゃなければ唐戸市場に寄ったのですけれど。
posted by 森山 樹 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ドライブ

2011年10月23日

山口県縦断ドライブ

2011.09.24(Sat)

9月末に実家のある山口県に帰省していました。
その時に秋吉台と萩をドライブした時の記録です。
単独行動ではないので寄り道は少なめ。
どうしても自分一人よりは機動力が落ちますねえ。
まあ,それはそれで楽しくもあるのですけれど。

秋吉台.JPG
久々に訪れる秋吉台。
三連休ということもあって結構人出がありました。
晩夏の日差しがちょっと暑いです。
遮蔽物がないだけに余計に堪えますね。

長者が森.JPG
これは長者が森と呼ばれる小さな森。
かつてこのあたりを治めていた長者の屋敷跡と言われています。
小学生の頃,遠足でお弁当を食べた想い出の場所でもあります。
ちょっと郷愁に浸ってしまいますねえ。

秋吉台を後にして向かったのは日本海側の萩市。
小学校2年生から6年生までを過ごした地です。
あの頃の友人たちは元気にしているのかなあ。
久しぶりに訪れた市内はだいぶん変わっていましたね。
明神池.JPG
これは萩市にある明神池。
海水と淡水が混ざる為に鯉と鯛が共存する池です。
他にもエイやヒラメなんかもいます。
時折,ボラの跳ねる姿も見受けられました。
ちなみに周囲を飛び回る鳶には要注意。
不用意に手元に食べ物を持つと狙って急降下してきます。

お昼ご飯.JPG
明神池の傍でお昼ご飯。
地物の海産物は実に美味しゅうございました。
贔屓目ですが山口県の魚が一番美味しく感じます。
食べ慣れているということもあるのでしょうけれども。

日本海.JPG
明神池の北側に広がる日本海。
日本海はやはり自分にとって故郷を想わせますね。
瀬戸内海とも太平洋とも違った感慨があります。
沖に浮かぶ萩六島も鮮やかに見えていました。

笠山.JPG
世界最小の火山と呼ばれることもある笠山の火口。
標高112mのごく小さい山です。
周囲に広がる椿の原生林は花の季節に素晴らしい景色となります。

そんなわけで,幼き日の想い出を辿る旅に期せずしてなってしまいました。
特に萩は4年間過ごしたこともある思い入れの深い場所です。
きっと今なら城下町の風景も心底楽しめるのでしょう。
いずれまたゆっくりと訪れたいと思います。
posted by 森山 樹 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ドライブ

2011年02月17日

伊勢路ドライブ2011

2011.02.04

現在,伊勢自動車道と紀勢自動車道が無料化実験をしています。
無料の間に偶には高速道路でも使おうかとドライブしてきました。
高速道路を利用するのは実に数年ぶり。
久しぶりに利用すると結構怖いですね。
普段あまり速度を上げる方ではないので尚更です。

道の駅まんぼう.JPG
伊勢自動車道から紀勢自動車道を経由して紀伊長島へ。
最初の目的地は道の駅まんぼうです。
三重県南部では日常的にまんぼうが食べられているのですよね。
今回初めて食してみることとなりました。
フライで頂いたのですが,想像以上に美味しいです。
是非とも次はお刺身を食べたいもの。

まんぼうの丘.JPG
まんぼうは紀伊長島の魚ということでまんぼうの丘という場所も。
空を泳ぐまんぼうが気持ちよさそう。
生憎,霞がかかっていたので,あまり風景は楽しめませんでした。
ちょっと残念。

二見浦夫婦岩.JPG

夫婦岩遠景.JPG
紀伊長島の後は伊勢自動車道を戻って二見浦へ。
夫婦岩を含む二見興玉神社には毎年参拝しています。
この風景が好きなのですよね。
もともとが海育ちなので何処か安心します。

伊勢神宮.JPG
ドライブの最後は伊勢神宮へ。
2月の平日だというのに相変わらずすごい人出でした。
平成25年に予定されている遷宮のときはもっと過ごそうですね。
とりあえず,むにゃむにゃとお祈りしてきました。

おかげ横丁.JPG
お参り帰りにおかげ横丁で赤福ぜんざいを賞味。
心も体も温まります。
そんなに寒い一日ではなかったけれどね。

久しぶりに高速道路を利用してのドライブだったので疲れました。
が,やはり一般道を走るよりは遥かに早いですね。
充分に尾鷲や熊野にも行けそうな感じ。
高速道路の無料化実験が続く間に行っておきたいものです。
電車旅もいいけどドライブも楽しいですね。
もう少し日本全国を色々巡りたいなあ。
posted by 森山 樹 at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ドライブ