2013年10月13日

国立科学博物館

2013.08.24(Sat)

国立科学博物館で開催されていた特別展「深海」を観てきました。
深海生物はやはりその異形の姿に心惹かれます。
夏休みの土曜日ということで人出を覚悟していましたが,
開館30分前の状態で一番乗り出来たのが幸いでありました。

048.JPG
先ずは潜水調査船「しんかい6500」がお出迎え。
実物大の模型ということですが意外に小さいのですよね。
大海に挑むには心細く思えてしまいます。

052.JPG
潜水服などの展示もありました。

122.JPG
そしてお待ちかねの深海生物の標本コーナー。
約380点が展示されています。
割と小さい生物が多めなので人出が多いとじっくり見られません。
その意味でも僥倖と言えるでしょう。

119.JPG
造形美が美しいタカアシガニ。
深海にこんな生物がいると想像しただけで興奮してしまいます。

091.JPG
みんなのアイドルであるダイオウグソクムシ。
異形なのに何処か愛嬌があるのですよね。

072.JPG 074.JPG
チョウチンアンコウなど。
グロテスクな造形がかえって魅力的に思えます。

084.JPG
そして今回の展示の目玉であるダイオウイカの模型。
その圧倒的な大きさが実に魅力的。
088.JPG
此方はそのダイオウイカの標本。
全長5mという巨体がたまりません。
2007年に島根県出雲沖で捕獲されたものとのこと。
北欧伝承のクラーケンと言っても過言ではないでしょう。
これよりもまだ大きい個体が確認されているというのも素敵です。

非常に見応えのある展示でありました。
何よりも多くの深海生物標本を堪能できたのが素晴らしい。
ダイオウイカの実物を鑑賞出来たのも得難い経験であります。
更なる深海探査が進み,新たな発見があることを期待したいと思います。
やっぱり自分はこういう博物学系統も大好きなのですよね。
そのことを痛感した展示でありました。
posted by 森山 樹 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館その他

2013年09月26日

名古屋市科学館

2013.08.17(Sat)

名古屋市科学館で開催されていた「深海たんけん!」に行ってきました。
今年は国立科学博物館でも「深海」展が行われています。
深海に生息する奇怪生物好きにはたまらないですね。

033.JPG
深海生物の代表格ダイオウイカ。
巨大なイカというだけで何故にこんなにも魅力的なのか不思議。
その姿はエイリアンにも見えてしまいます。

039.JPG
奇怪魚のひとつリュウグウノツカイ。
今回初めて知ったのですが縦になって泳ぐのですね。
これだけ体長が大きいと縦泳ぎは非効率に思えるのだけどなあ。

040.JPG
みんなのアイドルであるダイオウグソクムシ。
要するに巨大ダンゴムシですが本当に可愛い。
いやまあ冷静に考えれば不気味なんですけどね。
深海底にはこんな生き物がいっぱいいるのかなあ。

045.JPG
これはラブカ。
深海には鮫の仲間が多いようです。
まだ見ぬ生物も多いのでしょうね。

048.JPG
050.JPG
深海探査船と深海で採集された鉱物。
こういった視点での展示も楽しいものです。

全体的にやや規模は小さめですが充分に楽しめました。
深海生物の魅力はたまらないものがあります。
いつかはもっと深海の不思議を知りたいものです。
潜水艦で深海に行くのも夢ですねえ。

059.JPG
「深海たんけん!」の後はプラネタリウムを鑑賞。
名古屋市科学館が新装してからはこれが初めてになります。
テーマはブラックホールでした。
やっぱりプラネタリウムは楽しいです。
あんな満天の星空を実際に眺めてみたいなあと思います。
posted by 森山 樹 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館その他

2013年09月16日

沼津港深海水族館

2013.07.14(Sun)

106.JPG
静岡旅行の折に沼津港深海水族館に行ってきました。
その名の通りに深海生物に焦点を当てた水族館。
奇怪生物大好きな身としてはたまりません。
開館直後に入館しましたが,その時点で長蛇の列。
休日に行くと混雑しそうですね。

131.JPG
146.JPG
ゴシキエビとエクレアナマコ。
エクレアナマコは本当にエクレアそっくり。
沖縄近辺での採集例もあるようです。

150.JPG
色鮮やかなボロカサゴ。
カサゴ類は心惹かれる造形していますねえ。

173.JPG
本館展示の目玉のひとつであるシーラカンスの魚拓。
西インド洋のコモロ沖で捕獲された個体とのこと。

178.JPG
192.JPG
こちらは冷凍保存されたシーラカンスの標本。
実物を目の当たりにすると感慨深いものがあります。
6500万年前からその姿を変えていない生きた化石ですからねえ。
ちなみに冷凍標本を鑑賞出来るのは世界で唯一の場所だそうです。

194.JPG
ミュージアムショップではイヤ動物のぬいぐるみが充実。
特にダイオウグソクムシのぬいぐるみの可愛らしさが素敵です。
思わず欲しくなってしまいましたが,売り切れていました。

規模としてはそれ程大きくはないのですが見応えは充分。
深海生物好きなら絶対に楽しめる水族館と言えます。
その性質上水槽が暗いのはいたしかたないですね。
ダイオウグソクムシやテヅルモヅルなんかも可愛いです。
また,機会を見つけて行きたい水族館であります。
posted by 森山 樹 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館その他

2013年05月28日

大阪市立自然史博物館

2013.05.18(Sat)

大阪旅行のついでに大阪市立自然史博物館に行ってきました。
ここを訪れるのは今回が初めて。
長居陸上競技場のすぐ傍にあることさえ知りませんでした。
あんまり行かない方向だからなあ。

135.JPG
今回の目的は特別開催中の「モンゴル恐竜化石展」。
昨年11月から今年の6月頭まで開催されています。
実物化石が多く展示されるということでずっと行きたかったのですよね。

071.JPG
オヴィラプトルとプロトケラトプスの所謂格闘化石。
久正人『ジャバウォッキー』で重要な意味を持つ化石です。
最初からこんな大物化石の登場で興奮が高まります。
流石にこれは実物ではなく複製品でありました。

072.JPG
これはギリシア語で“恐ろしい腕”を意味するデイノケイルス。
この巨大な腕以外の化石は未だに見つかっていません。
全長2.4mという巨大な腕から判断すると全体像は如何程であったのでしょうか。
想像力が刺激されます。

082.JPG
大物第一弾はサフロロフスの全体骨格。
10mを超える巨大な草食恐竜であります。
突き出した後頭部が特徴的。

093.JPG
プロトケラトプスの頭骨。
盾として使えそうな堅固な姿が実に格好良い。

114.JPG
大物第二弾はタルボサウルスの親子。
ティラノサウルスの近種にあたります。
その獰猛な面構えと鋭い牙がたまりません。
大型肉食恐竜の魅力は異常なものがあります。

151.JPG
大阪市立自然史博物館は常設展示も充実しています。
これは原始哺乳類の中でも有名なデスモスチルス。

152.JPG
トリケラトプスとアロサウルスの頭骨。
このあたりは恐竜大好き人間としては最早興奮が最高潮に。
感覚が麻痺してくるのが分かるのですよね。

157.JPG
恐竜の足跡の化石。
こんな巨大な生物が陸上を闊歩していた時代に一度行ってみたい。
すごい迫力だったんだろうなあ。

164.JPG
アロサウルスとマンモスの時を超えた共演。
この異種格闘戦も想像力を強烈に刺激します。
しかし,アロサウルスも大概大きいよなあ。

そんなわけで大阪市立自然史博物館でした。
特別展も然ることながら常設展示の充実も特筆もの。
地元大阪で発見されたマチカネワニの全身骨格もたまらないです。
これはかなりお気に入りの施設となりました。
また機会を見つけてゆっくりと鑑賞しようと思います。
posted by 森山 樹 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館その他

2012年12月22日

サンシャイン水族館

2012.02.26(Sun)

年末お蔵入り寸前だった記事の救済企画。
今回は2月に行った池袋サンシャイン水族館です。
改装されてからは初めてですね。
前回行ったのは7〜8年くらい前だったかな。

038.JPG
ホシガメさんがいっぱい。
爬虫類は大好きなので思わず見入ってしまいます。
一番好きなのはトカゲなんだけどね。
ヘビも結構好きです。

051.JPG
深海に佇むタカアシガニ。
この造形美には惚れ惚れします。
やっぱり格好いいよね。

055.JPG
柄の悪いペンギン。
ペンギンは可愛いんだけど,結構突いてくるのが怖い。
集団に囲まれたくないなあと思います。

060.JPG
睡眠中のワオキツネザルとアルマジロ。
この仲良さそうな感じがたまらない。
ワオキツネザルは個人的にかなり好きな動物です。

067.JPG
以前脱走したことで世間を騒がせたミナミコアリクイ。
動くぬいぐるみと断言して差し支えありません。
動きが本当に可愛くて抱きしめたくなります。
アリクイだから爪は結構凶悪なんだけどね。

069.JPG
お昼寝中のフェネック。
大きな耳がラブリーです。
気持ち良さそうな寝顔ですよねえ。
フェネックも昔から大好きな動物だなあ。

陸上哺乳類の話題ばかりになってしまった気がします。
水族館としても施設は充実しており見どころは充分。
ただ,やっぱり大好きな哺乳類が多いのが一番のお気に入りですね。
相変わらず,人が多いので時間帯を検討するべきかと思います。
また,いつか行きましょう。
posted by 森山 樹 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館その他