2011年10月23日

山口県縦断ドライブ

2011.09.24(Sat)

9月末に実家のある山口県に帰省していました。
その時に秋吉台と萩をドライブした時の記録です。
単独行動ではないので寄り道は少なめ。
どうしても自分一人よりは機動力が落ちますねえ。
まあ,それはそれで楽しくもあるのですけれど。

秋吉台.JPG
久々に訪れる秋吉台。
三連休ということもあって結構人出がありました。
晩夏の日差しがちょっと暑いです。
遮蔽物がないだけに余計に堪えますね。

長者が森.JPG
これは長者が森と呼ばれる小さな森。
かつてこのあたりを治めていた長者の屋敷跡と言われています。
小学生の頃,遠足でお弁当を食べた想い出の場所でもあります。
ちょっと郷愁に浸ってしまいますねえ。

秋吉台を後にして向かったのは日本海側の萩市。
小学校2年生から6年生までを過ごした地です。
あの頃の友人たちは元気にしているのかなあ。
久しぶりに訪れた市内はだいぶん変わっていましたね。
明神池.JPG
これは萩市にある明神池。
海水と淡水が混ざる為に鯉と鯛が共存する池です。
他にもエイやヒラメなんかもいます。
時折,ボラの跳ねる姿も見受けられました。
ちなみに周囲を飛び回る鳶には要注意。
不用意に手元に食べ物を持つと狙って急降下してきます。

お昼ご飯.JPG
明神池の傍でお昼ご飯。
地物の海産物は実に美味しゅうございました。
贔屓目ですが山口県の魚が一番美味しく感じます。
食べ慣れているということもあるのでしょうけれども。

日本海.JPG
明神池の北側に広がる日本海。
日本海はやはり自分にとって故郷を想わせますね。
瀬戸内海とも太平洋とも違った感慨があります。
沖に浮かぶ萩六島も鮮やかに見えていました。

笠山.JPG
世界最小の火山と呼ばれることもある笠山の火口。
標高112mのごく小さい山です。
周囲に広がる椿の原生林は花の季節に素晴らしい景色となります。

そんなわけで,幼き日の想い出を辿る旅に期せずしてなってしまいました。
特に萩は4年間過ごしたこともある思い入れの深い場所です。
きっと今なら城下町の風景も心底楽しめるのでしょう。
いずれまたゆっくりと訪れたいと思います。
posted by 森山 樹 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ドライブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49227608
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック