2010年08月26日

徐福を訪ねて(熊野・新宮詣で その1)

2010/08/21

今年の夏の青春18切符の旅第一弾です。
仕事が割と多忙だったのと体調不良とで,
8月末までずれこんでしまいました。
これから後4回分使いきれるかどうか不安なところです。

というわけで,今回は和歌山県新宮市と三重県熊野市を訪れました。
どちらも以前から訪れたかった場所です。
特に和歌山県はこれが初めての上陸。
これでようやく近畿圏を完全制覇することが出来ました。

紀勢線で新宮まではほぼ4時間程度の旅路。
初めての路線ということで風景を見ていてまるで飽きません。
複雑なリアス式海岸が実に魅力的であります。
時間的余裕があれば各駅で下車したいくらい。
なかなか実行するのは難しいのですけれど。

新宮駅についたのは10時30分前。
まず最初の目的地は新宮駅の側にあります。
徐福公園.JPG
色彩豊かな中国風の門が素敵な徐福公園です。
新宮と言えばその筋の人間からすれば徐福の名前がまず挙がります。
秦の始皇帝の命を受けて不老長寿の薬を探す徐福が訪れたのがこの新宮。
その徐福を祀ったのがこの公園です。
徐福像.JPG
それほど大きな公園ではありませんが徐福のお墓があります。

阿須賀神社.JPG
こちらは徐福公園からほど近い阿須賀神社。
ここには徐福を祀る徐福の宮があります。
徐福の宮.JPG
ちなみに徐福が上陸した地点はこの阿須賀神社のすぐ傍なのだとか。
そして阿須賀神社の後方の山は徐福が探した蓬莱山と伝えられています。
このあたりは古代伝承好きにはたまりません。
posted by 森山 樹 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40381540
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック