2008年09月17日

青春18切符の旅'08夏〔南兵庫〕−中編

2008/08/15-16

神戸市に入って最初の目的地は須磨地区。
源氏物語の主人公である光源氏が隠遁生活を送った地ですね。
村上帝社と源光寺に立ち寄ってから本来の目的地である須磨寺へと向かいます。
ちなみに源光寺は源氏物語にゆかりのお寺でもあります。

須磨寺.jpg
須磨寺は源平合戦と縁の深い寺です。
源平の庭.jpg
境内には平敦盛と熊谷直実の一騎打ちを描いた源平の庭も。
またその平敦盛を祀った首塚もここにあります。
平敦盛首塚.jpg
敦盛の愛用した名笛青葉も寺宝とされているようですね。
さすがに見ることは出来ませんでしたけれど。
それにしても境内は本当に広いです。
天候が危うかったので全部は回れなかったのが残念。
ここはまた訪れたいですね。

ホテルのチェックインにはまだ余裕があったので須磨海浜水族園へ。
須磨海浜水族園.jpg
水族館好きとしては結構楽しめました。
ただ海遊館や名港水族館ほどの規模はないですね。
比較対象が悪すぎますか。
最寄りの須磨海浜公園駅の構内には水着姿のお姉ちゃんが何人か佇んでいました。
ちょっとびっくり。
まさかあのまま電車に乗ったわけじゃないよなあ……。

ホテルはいつもどおりに東横イン。
受付のお姉さんがチャイナドレス姿だったのが印象的。
チェックアウト時は通常の格好だったので,
何かのイベントだったのかもしれません。
いずれにせよ結構似合っていました。
眼福眼福。
この日は疲れていたのか22時くらいに就寝。
元気があれば夕食は中華街まで出かけようと思っていたのですが,
結局この日は近くのラーメン屋さんで済ませてしまいました。
思ったよりも美味しかったけどね。

2日目はまず湊川神社へ。
湊川神社.jpg
こちらは太平記に縁の神社ですね。
祭神は勿論楠正成。
楠公さんとも呼ばれているらしいです。
楠正成墓所.jpg
楠正成の墓所もあります。
訪れたのは早朝でしたが散歩されている方が多かったですね。
どうでもいいですけど,箒を手にした巫女さんが可愛かったな。
清楚な雰囲気が良い感じでした。
創建が19世紀なので古社というわけではありませんが,
なかなか雰囲気の良い神社でしたね。
満足満足。

〈中途半端ですが続きます〉
posted by 森山 樹 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19501470
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック