2008年09月15日

青春18切符の旅'08夏〔南兵庫〕−前編

2008/08/15-16

この夏の青春18切符の旅第二弾に淡路と神戸を旅してきました。
といっても,既に一か月前での出来事です。
旅行記はもう少し早めに書かないと忘れてしまいますね。
反省。

いつもどおりに早朝5時に自室を出ます。
18切符を最大限に活用したいですからね。
今回は宿泊するので一応余裕はあるのですが。

最初の目的地は芦屋市の鵺塚。
鵺塚.jpg
源頼政が討った鵺の死骸が流れ着いた場所だそうです。
海岸に程近い松林の公園の中に佇んでいました。
ちなみに鵺塚は大阪市にもあるのだとか。
こちらもいずれ訪れたいものです。

芦屋からはひとまず神戸を通り過ごして明石市へ。
淡路島フェリー.jpg
ここからはフェリーで淡路島に渡ります。
船旅は30分程度のもの。
明石海峡大橋.jpg
雄大な明石海峡大橋が印象的でした。
大規模な建築物には思わず男の子回路が発動してしまいますね。

淡路島には渡ったものの取り立てて目的はなし。
何らかの交通手段がないと観光には不便ですね。
バスも本数が少なくってあまり実用性がなし。
とりあえずフェリー乗り場から遠くない石屋神社に向かうことにしました。
石屋神社.jpg
ちなみに社殿の書は小野道風の手によるものらしいです。
祭神は國常立尊・伊弉諾尊・伊弉冉尊の三柱。

絵島.jpg
石屋神社の傍にあるのが月見の名所として有名な絵島。
西行もその美しさを詠っており,平家物語にも記述があります。
山頂の鳥居が物悲しさを醸し出していました。
ちなみに記紀神話のオノコロ島とする説もあるようです。

淡路島を離れた後はしばし明石市内を観光しました。
明石市立天文科学館.jpg
明石市は日本標準子午線の街。
その子午線上に明石市立天文科学館があります。
今回は外から眺めただけですが,プラネタリウムや展示物も楽しそう。

明石ゾウの化石が展示されている明石市立文化博物館にも寄れず。
もう少し余裕のある旅行日程を組まねばなりますまい。
このあたりはいつも反省してしまいます。
貧乏性の悲しさというか。

こちらは腕塚神社。
腕塚神社.jpg
平家物語に名高い平忠度の腕が切り落とされた場所です。
ごくごく小さいお社ですが,腕の病気に御利益があるのだとか。
近くには忠度塚もあります。

明石焼き.jpg
明石と言えば明石焼き。
ちなみ食べるのはこれが初めて。
御出汁で食べるたこ焼きみたいなもので非常に上品。
美味しかったです。
ちょっと上品すぎるきらいもありますけれどね。

明石をしばし堪能した後はいよいよ神戸市へ。
まずは須磨地区を彷徨することにします。

〈続きます〉
posted by 森山 樹 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19404389
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック