2013年09月29日

名古屋・大須「メガケバブ」

名古屋・大須「メガケバブ」

久しぶりに名古屋の大須を彷徨っている間に見つけたお店。
いつの間にか大須は国際色豊かなお店が増えていました。
ブラジル風鶏の丸焼きのお店も気になるんだよなあ。
他にも台湾系の料理屋さんもありましたしね。
国内でも沖縄料理のお店も見つけました。
このあたりはいずれ行きたいと思っています。

001.JPG
トルコ風ファーストフードのお店です。
大須には何店舗か出店しているみたい。
結構人出が多くて繁盛していました。

002.JPG
これはトルコ名物のサバサンド。
要するに焼き鯖のサンドイッチです。
意外な組み合わせですが,これが実に美味しいのよ。
キャベツやトマトも挟まっています。
嫌いな筈のトマトも普通に食べられました。
この組み合わせは再現できそう。
いずれ試したいと思います。

003.JPG
此方は鶏のスパイス焼き鳥シシケバブ。
本当はマトンが食べたかったのですけれどね。
独特の香辛料が非常に美味しかったです。

本格的なトルコ料理というわけではありませんが満足。
これでトルコビールのエフェスが置いてあればなお良かったなあ。
他にはトルコ風アイスクリームやバクラヴァも用意されています。
このあたりはまた試してみたいものですね。
店員さんとのやり取りも楽しいお店でありました。
近くに行った時はまた寄りたいと思います。
posted by 森山 樹 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の料理

2013年09月26日

名古屋市科学館

2013.08.17(Sat)

名古屋市科学館で開催されていた「深海たんけん!」に行ってきました。
今年は国立科学博物館でも「深海」展が行われています。
深海に生息する奇怪生物好きにはたまらないですね。

033.JPG
深海生物の代表格ダイオウイカ。
巨大なイカというだけで何故にこんなにも魅力的なのか不思議。
その姿はエイリアンにも見えてしまいます。

039.JPG
奇怪魚のひとつリュウグウノツカイ。
今回初めて知ったのですが縦になって泳ぐのですね。
これだけ体長が大きいと縦泳ぎは非効率に思えるのだけどなあ。

040.JPG
みんなのアイドルであるダイオウグソクムシ。
要するに巨大ダンゴムシですが本当に可愛い。
いやまあ冷静に考えれば不気味なんですけどね。
深海底にはこんな生き物がいっぱいいるのかなあ。

045.JPG
これはラブカ。
深海には鮫の仲間が多いようです。
まだ見ぬ生物も多いのでしょうね。

048.JPG
050.JPG
深海探査船と深海で採集された鉱物。
こういった視点での展示も楽しいものです。

全体的にやや規模は小さめですが充分に楽しめました。
深海生物の魅力はたまらないものがあります。
いつかはもっと深海の不思議を知りたいものです。
潜水艦で深海に行くのも夢ですねえ。

059.JPG
「深海たんけん!」の後はプラネタリウムを鑑賞。
名古屋市科学館が新装してからはこれが初めてになります。
テーマはブラックホールでした。
やっぱりプラネタリウムは楽しいです。
あんな満天の星空を実際に眺めてみたいなあと思います。
posted by 森山 樹 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館その他

2013年09月22日

奈良燈花会2013−その2

2013.08.09(fri)

暗くなってからが奈良燈花会の本番。
068.JPG
興福寺五重塔は今年も綺麗にライトアップ。
やっぱり美しいよねえ。

069.JPG
その前には蝋燭で描かれた文字が。
今年の漢字は「挑」。
美しい言葉でありますね。
挑戦心はいつまでも忘れずにいたいと思います。

051.JPG
こちらはせんとくんかな。
すっかり奈良のイメージキャラクターとして定着した感があります。
最初はあんなに評判悪かったのになあ。

058.JPG
猿沢池の周辺にも蝋燭が置かれています。
ちょっと物悲しい雰囲気が素敵。

072.JPG
これは奈良県庁前。
なお,業務終了後は奈良県庁屋上からの光景を眺めることが出来ます。
結構見晴らしが良くて気持ち良いです。

077.JPG
鮮やかに装飾された蝋燭の入れ物。
こういうのも素敵ですよね。

というわけで,今年も奈良燈花会に行ってきました。
次は冬の奈良瑠璃絵に行ってみたいところ。
あの季節は結構忙しいので行く機会なかったのですよね。
この冬こそは訪れてみたいと思います。
勿論,来年の奈良燈花会もね。
posted by 森山 樹 at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2013年09月19日

奈良燈花会2013−その1

2013.08.09(fri)

今年も奈良公園の奈良燈花会を見てきました。
一応三年連続ということになるのかな。
すっかり夏の行事として自分の中で定着した感があります。

002.JPG
昨年同様に日が明るいうちに奈良公園をとりあえず散策。
奈良公園の鹿はやっぱり可愛いです。
暑い日だったのでうんざりした感じではありましたが。

011.JPG
猿沢池から望む興福寺五重塔。
この風景は何度見ても飽きることがありません。

036.JPG
夕闇が迫ると蝋燭に灯がともされます。
これは春日大社の参道あたり。
夕焼けによって紫色に照らされた道が美しい。

041.JPG
浮見堂を薄紫色に照らす幻想的な夕焼け。
偶然の産物ではありますが,だからこそ思わず息をのみます。
暫し雰囲気に浸ってしまいました。

048.JPG
その浮見堂も綺麗にライトアップ。
もう少し暗くなった方が綺麗だったかなあ。
会場が広いので時間帯に左右されてしまいますね。
これは仕方がないところではあります。
posted by 森山 樹 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2013年09月17日

静岡の美味

7月の静岡旅行で食べた美味しいものを御紹介。

057.JPG
以前にも書きましたが浜松餃子。
特徴はあまり感じませんでしたが普通に美味しかった。
ちなみにこれで一人前です。
ちょっと多かったなあ。

098.JPG
駿府公園の茶店で飲んだ清水冷茶と和菓子。
蒸し暑い日だったので実に甘露でありました。
静岡のお茶は美味しいですねえ。

103.JPG
104.JPG
沼津の夕食に食べたお寿司とカニ汁。
静岡らしく白魚と桜海老があるのが嬉しい。
写真撮り忘れましたが焼き黒はんぺんが実に美味しかったです。

214.JPG
213.JPG
沼津深海水族館近くのお店で食べたお寿司と串焼き。
どちらも深海魚をネタとしています。
何と言っても,アブラボウズの甘みが格別。
キンメダイも深海魚に分類されることを始めて知りました。

110.JPG
今回は食べなかったけれど,心惹かれた深海魚丼。
ダイエット中じゃなければ挑戦したのだけどなあ。
是非とも次の機会に。

駿河湾に臨むだけに魚介類の美味しさは格別ですね。
静岡に来るたびに美味しい魚を堪能している気がします。
清水もつカレーや静岡おでんも食べたいのだけどなあ。
これらのB級グルメは今後の課題と言えましょう。
posted by 森山 樹 at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の楽しみ