2013年05月28日

大阪市立自然史博物館

2013.05.18(Sat)

大阪旅行のついでに大阪市立自然史博物館に行ってきました。
ここを訪れるのは今回が初めて。
長居陸上競技場のすぐ傍にあることさえ知りませんでした。
あんまり行かない方向だからなあ。

135.JPG
今回の目的は特別開催中の「モンゴル恐竜化石展」。
昨年11月から今年の6月頭まで開催されています。
実物化石が多く展示されるということでずっと行きたかったのですよね。

071.JPG
オヴィラプトルとプロトケラトプスの所謂格闘化石。
久正人『ジャバウォッキー』で重要な意味を持つ化石です。
最初からこんな大物化石の登場で興奮が高まります。
流石にこれは実物ではなく複製品でありました。

072.JPG
これはギリシア語で“恐ろしい腕”を意味するデイノケイルス。
この巨大な腕以外の化石は未だに見つかっていません。
全長2.4mという巨大な腕から判断すると全体像は如何程であったのでしょうか。
想像力が刺激されます。

082.JPG
大物第一弾はサフロロフスの全体骨格。
10mを超える巨大な草食恐竜であります。
突き出した後頭部が特徴的。

093.JPG
プロトケラトプスの頭骨。
盾として使えそうな堅固な姿が実に格好良い。

114.JPG
大物第二弾はタルボサウルスの親子。
ティラノサウルスの近種にあたります。
その獰猛な面構えと鋭い牙がたまりません。
大型肉食恐竜の魅力は異常なものがあります。

151.JPG
大阪市立自然史博物館は常設展示も充実しています。
これは原始哺乳類の中でも有名なデスモスチルス。

152.JPG
トリケラトプスとアロサウルスの頭骨。
このあたりは恐竜大好き人間としては最早興奮が最高潮に。
感覚が麻痺してくるのが分かるのですよね。

157.JPG
恐竜の足跡の化石。
こんな巨大な生物が陸上を闊歩していた時代に一度行ってみたい。
すごい迫力だったんだろうなあ。

164.JPG
アロサウルスとマンモスの時を超えた共演。
この異種格闘戦も想像力を強烈に刺激します。
しかし,アロサウルスも大概大きいよなあ。

そんなわけで大阪市立自然史博物館でした。
特別展も然ることながら常設展示の充実も特筆もの。
地元大阪で発見されたマチカネワニの全身骨格もたまらないです。
これはかなりお気に入りの施設となりました。
また機会を見つけてゆっくりと鑑賞しようと思います。
posted by 森山 樹 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館その他

2013年05月19日

薔薇とお城の大阪散歩

2013.05.17(Fri)

スウェーデンのメタルバンドAMARANTHEのライヴで大阪に行ってきました。
今年は大阪に行く機会が多いですね。
既に4回目となっています。
今回は時間があったので中之島バラ園と大阪城を歩いてきました。
大阪は意外に行ったことのない場所が多いですね。
今後も行く機会は多いので新たな場所を開拓したいと思います。

中之島バラ園はちょうど薔薇の季節が真っ盛り。
様々な種類と色の薔薇が目を楽しませてくれます。
310品種3700株の薔薇を有しているのだとか。
005.JPG
フランス産の薔薇ピエール・ドゥ・ロンサール。
白と薄紅のグラデーションが美しいです。

013.JPG
純白の薔薇フラウ・カール・ドルシュキ。
ドイツ産の薔薇の様ですね。

021.JPG
英国産の薔薇オフェリア。
シェークスピアの『ハムレット』に登場する悲劇の美女の名前です。
これに限らず女性名が付いた薔薇が多かったです。

039.JPG
深紅の薔薇シンパシー。
赤い薔薇の花言葉は「情熱」。
それに相応しい熱情の薔薇だと思います。

053.JPG
薄紫色が美しい日本の薔薇。
その名はしのぶれど。
小野小町の有名な和歌からの連想ですかね。

030.JPG 055.JPG
バラ園の中はこんな感じ。
いい天気と言うこともあって人出も結構ありました。
近くにあったら毎週のように通ってしまいそうです。

059.JPG
最後におまけで大阪城。
実は案外馴染みの薄いお城であります。

今回は淀屋橋〜中之島〜大坂城〜天満橋〜梅田という散歩でした。
知らない街を気儘に歩くというのも楽しいものです。
また,いろいろな場所を歩いてみたいと思います。
posted by 森山 樹 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策

2013年05月18日

大阪・淀屋橋「アウデ・カース」

大阪・淀屋橋「アウデ・カース」

3月の大阪遠征時にも行ったオランダ料理「アウデ・カース」さんに再び行ってきました。
日替わりランチは一週間分サイトに掲載されているのが便利です。

001.JPG
この日のスープはカリフラワーのポタージュ。
これがすっごく美味しかった。
スープ好きとしてはたまりません。

002.JPG
メインはオランダ風ミートボール。
想像よりも遙かに大きなミートボールにびっくり。
これ最早ハンバーグの域に達している気がします。
トマトソースとの相性が非常によく美味しかったです。
ちょっとボリュームあり過ぎな気もしますね。

003.JPG
パンはやっぱりジャガイモパン。
もちもちとした食感が楽しい。
オランダ風ミートボールのトマトソース付けたら美味しさ倍増でした。

2回目の「アウデ・カース」でしたが,やっぱり美味しかった。
これからも大阪に行くときは立ち寄ることになりそうです。
パンネンクックも食べたいんだけどなあ。
posted by 森山 樹 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の料理

2013年05月05日

ベルギービールウィークエンド名古屋 二日目

2013.04.27(Sat)

そんなわけで,ベルギービールウィークエンド名古屋に二日続けて出撃。
この日ははてなハイクのオフ会ですが,やることは同じ。
ひたすら目に着いたビールを飲んでいました。
人数が多い方がいろいろな料理をつまめて楽しめるけどね。
結構,料理はお値段がいいですから。

023.JPG
この日の一杯目はフルーツビールのアップルボック。
ホワイト・ビールにアップルジュースを混ぜているとのこと。
甘い香りと味わいは食前酒にぴったりな気がします。

024.JPG
二杯目はセーフビール。
19世紀にアントワープで人気のあったビールとのこと。
一時期は消滅していたらしいですが,2012年に復活したのだとか。

025.JPG
三杯目はリーフマン・オン・ザ・ロック。
チェリー・ビールのリーフマンをオン・ザ・ロックでいただきます。
これも甘い系統のフルーツ・ビール。
最早一般的なビールという雰囲気はないですね。

026.JPG
続いては正統派ビールのプリムス。
本場ベルギーのプレミアムラガーとのこと。
なんだかんだ言っても,やっぱりピルスナーが一番飲み易いです。
飲み慣れていることもあるのだろうけれどね。

027.JPG
五杯目はロシュフォール10。
アルコール度数は今回の出展の中で最高の11.3%。
度数の低いビールと比べると明らかに味わいが違います。
意外に飲み易かったのが印象的。
あんまり飲みすぎると悪酔いしてしまいそうですけれど。

028.JPG
今年の最後はパーム。
ベルギーのブラバンド地方で255年以上造り続けられているとのこと。
琥珀色が美しい,飲みあたりの柔らかなビールでありました。

今年は二日連続で参加したので飲んだビールは11杯。
結局,二日で10000円くらい飲んだ計算になります。
明らかに飲み過ぎですが,まあ偶にはこういうのも悪くないものです。

018.JPG
お土産ビールも売っていましたが,流石にこちらには手を出さず。
ラベルや瓶に個性があって見ているだけでも楽しいです。

030.JPG
夕方からは会場に設けられたステージでライヴが行われていました。
ベルギーのメタルバンドが来てくれるなら鑑賞したんだけどなあ。

033.JPG
ばいばい,フリスクロボ。
来年もまた来るよ。
posted by 森山 樹 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

2013年05月04日

2013年5月彷徨予定

4月は何かと忙しくて目立ったお出かけはなし。
月末のベルギービールウィークエンドは2日続けて堪能しました。
初日はひとりで,二日目は知り合いと飲みましたが,どちらも楽しい。
普段はあまりお酒を飲まないのですが,こういう機会は大好きです。
日本では飲めない銘柄も多数用意されていますからね。
7月のオクトーバーフェストも必ず行くことになりそうです。
今回は寒かったので,もう少し気温が上がるといいなあ。
あまり暑すぎるのも困りものではありますけれども。

5月は基本的にライヴを中心にお出かけすることになりそう。
大阪遠征も一度予定しています。
ついでに関西圏の美術展も回ってこようと思っています。
他は泊まりがけの旅行はなさそうかなあ。
月末には毎年恒例の名古屋タイフェスティバルがあります。
此方も絶対に行くことになるでしょう。
美術展の関係で岡崎に行くこともありそう。
久しく行っていない場所なのでいろいろ回れたらなと思います。
とりあえず,もう少し仕事に余裕が欲しいところ。
本格的な彷徨活動は夏以降となりそうです。
posted by 森山 樹 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行予定