2014年12月26日

移転のお知らせ

このたび思うところありまして,ブログを移転することにしました。
移転先→新装版彷徨者の憂鬱:http://wanderer2.sblo.jp/
それに伴い当ブログの更新を終了いたします。
これまでありがとうございました。
新たなブログでお楽しみいただきたいと思います。
宜しくお願いします。

なお,基本的には単なる移転であります。
よって,内容的には然程異なるものではありません。
より一層の内容の充実に努めていきたいと思います。
posted by 森山 樹 at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2014年12月01日

2014年12月彷徨予定

11月は関西方面に一度遠征に行ってきました。
目的は美術展鑑賞でしたが,多少は紅葉が楽しめたのは重畳。
しかし,奈良も京都も秋は凄い人混みですね。
なかなか出掛けようという気にはなれません。
確かに一番美しい季節ではあると思うのですけれども。
また,今年二回目の北海道にも行って参りました。
晩秋というよりも初冬の札幌は結構寒かった。
個人的には過ごし易さも感じました。
美味しい海鮮を堪能出来たのも収穫であります。

12月は特に前半は多忙を極める予定。
休日の出勤も既に確定しています。
恐らくは名古屋への外出程度に留まりそうな予感です。
クリスマス前後は連休にして何処かに遊びに行きたいもの。
とは言え,何処も人出が多そうですけれどね。
年末は例年通りに郷里に帰省してきます。
その際に九州に遊びに行ければいいかなあと思っています。
帰省の復路は未定ですが四国か山陰を経由で戻るつもり。
可能な限りの余暇を見つけて遊びたいものです。
尤も,あまり遊びばかりに感けることも出来かねるのですけれども。
posted by 森山 樹 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行予定

2014年11月09日

2014年11月彷徨予定

LOUD PARKに付随する東京遠征を10月はすることが出来ました。
僅かではありますがさいたま市内を散策できたのは嬉しい。
念願の武蔵氷川神社に参拝することも出来ました。
東京ではひたすら美術館を巡っていたのはいつも通り。
偶には他の場所にも足を運びたいものではあります。

11月は今年二回目となる札幌遠征が控えています。
尤も,今回は仕事場の旅行なので自由度は低め。
美味しいものを食べることに終始するのでありましょう。
大通り公園のクリスマスマーケットに行く時間があればいいけどなあ。
後は京都・奈良と大阪に一度ずつ行く予定。
というか,既に京都と奈良は行ってきました。
秋の京都の美しさと人の多さは特筆ものであります。
静岡にも行く余裕があるかどうか。
予定を入念に組み立てたいと思います。
posted by 森山 樹 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行予定

2014年10月14日

北海道旅行2014(5)小樽散策その2

2014.06.21(sat)

789.JPG
水族館と博物館を見たのちは小樽運河周辺を適当に散策。
小樽運河周辺は素敵な建築物がたくさんで楽しいです。
在りし日の繁栄を今に伝えていますね。

783.JPG
小樽市内を巡回するバス。
結構可愛い感じが良い。

869.JPG
午前中は曇っていたけれど,午後からは晴天に。
青空に小樽運河がよく映えます。
この雰囲気はたまらなく好み。

874.JPG 891.JPG
素敵建築物を眺めながらの小樽市内散策はそれだけで楽しい。
街としての雰囲気が非常に自分好みなのですよね。
それ程大きな街ではありませんが実に雰囲気が良かった。

880.JPG
ちょっとした丘の上から小樽市内を一望。
割と坂が多い印象を受けました。

896.JPG
かつての手宮線の跡地。
現在は公園として整備がされています。
ちょっとした『スタンド・バイ・ミー』気分を味わえます。

893.JPG
小樽と言えばお寿司屋さんということで小樽寿司屋通りへ。
奮発して回らないお寿司を食べてきました。
ネタの新鮮さが素晴らしいよね。
生のニシンは此処で初体験でした。
また,食べたい。

923.JPG
そんなわけで港町・小樽でした。
これまでに訪れた中では鎌倉や松本と並ぶお気に入りの場所です。
また是非とも訪れたいものであります。
今度は夕方〜夜の小樽運河を見たいものですねえ。
posted by 森山 樹 at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2014年10月12日

北海道旅行2014(4)小樽散策その1

2014.06.21(sat)

566.JPG
北海道二日目は札幌市を離れて小樽市へ。
意外と近い場所にあるんですね。
北海道の地理はかなり弱いです。
函館や旭川の遠さはあまりピンとこないものなあ。

570.JPG
そんなわけで先ずは小樽水族館へ。
詳細は別エントリで後日掲載します。
施設は古めだけど結構規模の大きい素敵な水族館でありました。
海獣が充実しているのが嬉しいよね。

731.JPG
小樽水族館の後は手宮洞窟保存館へ。
日本にも洞窟壁画があったなんて知りませんでした。
壁画の保存だけの展示という潔さが素敵です。

738.JPG
手宮洞窟保存館の前には小樽市総合博物館があります。
本館と運河館に分かれていますが,此方は本館の方。
意外なくらいに楽しめる施設でありました。
鉄道好きならば是非とも足を運ぶべきと言えるでしょう。
自分はそれ程鉄道好きというわけでもないのですけれどね。

802.JPG
でもって,此方が小樽市総合博物館の運河館。
その名の通りに小樽運河の近くにあります。
此方も見応えは十分。
特に動物の剥製が結構な数が展示されていました。

小樽水族館も小樽市総合博物館も詳細は別記事にします。
どちらも期待以上に楽しめる施設でありました。
引き続き小樽運河の街並みなどの記事を掲載したいと思います。
posted by 森山 樹 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記